現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿・函館異人館ホテル新たなる殺人』は主人公・金田一一が仕事で函館の異人館ホテルを20年ぶりに訪れたがそこでまた殺人事件に巻き込まれた、というもの。
 ちなみにはじめは20年ぶりにフリーライターのいつき陽介と再会し、映像関係の仕事で訪れた佐木竜二と会い、行動をともにすることになった。
ちなみに佐木は兄・竜太を20年前の事件…『金田一少年の事件簿・異人館ホテル殺人事件』で殺されている。
 
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』は、舞台『箱館ウォーズ』の本番中に赤座光輝綾野木ルカが舞台本番中水島颯太により射殺され(?)さらにその水島も後に自殺に見せかけられて舞台で手首を切り天井に吊るされた状態で遺体となって発見された事件。
 この事件では明智健悟警視長の部下である幸村真之助警視が新登場していた。
彼はミュージシャン・リュウ小野寺が毒殺された事件を捜査中に『箱館ウォーズ』のチケットを見つけ、事件を追って異人館ホテルにやってきた。
そしてはじめや彼の部下・葉山まりんらと共に事件に巻き込まれたのだった。

 はじめはまりん、いつき、佐木そして幸村警視の協力を得て、赤座・綾野木・水島の殺害トリックを暴き、犯人『碧血鬼』も指摘した。
 水島のニセ遺書の文面から衣装変更を知らなかったことが犯人を示すものだったのだ。

 …はじめが指摘したのは、土方歳三役の俳優・岡倉純だった…!


 【両袖の硝煙反応が示すもの】

 岡倉は自分が犯人だということを示すものがあるかをはじめに聞いていた。

 「証拠ならありますよ。警察が調べれば必ずわかる決定的証拠がね…!」

 こう返したはじめは、幸村警視に岡倉が舞台で使った衣装を幸村警視を通し鑑識に持ってこさせた。

 「調べたが不審な点は特になかった」と言った幸村警視に対しはじめは…

「"特にない"なんて本気で言ってんの?」と、思わず心の声をつい口に出してしまった…!

((((;゚Д゚))))

 …はじめは両袖の硝煙反応を調べさせたのかを幸村警視に確認し、左右の袖に硝煙反応が出たことを確認させた

 岡倉は
「舞台で使うモデルガンにも火薬は使われている。
 何より俺は水島が使ってた"本物の銃"を試し打ちしている、硝煙反応くらい出るだろう。」
と言ったが、はじめはこう言った。

「なるほどですねぇ…!
確かにこの舞台は"箱館戦争"がベースになってますから、主役であるあなたもかっこよく撃ちまくってましたね!

 そう、すべて"右手一本"でね!」


 …舞台で演者が両手で撃ったのは、水島が遠くの綾野木を狙い両手で撃った時のみ。
 銃は小さいので、見栄えの問題から海枝博貴監督演者たちに「片手撃ちでいこう」と指示していた。

 舞台の上では、岡倉も右手一本で銃を撃っていたが、
赤座を撃つときは5m以上離れており、両手を銃に添え狙いを定めて引き金を引く必要がありそうしたので
左袖にも硝煙反応が出ていたのだ。

 はじめ
「厳密に調べればこの衣装の左袖に残っている火薬がモデルガンのものではなく本物のピストルのものだってこともわかるかもしれませんね。」

 幸村警視
 「それはわかるはずです。遺体に付着していた1mgの土くれからでも日本のどの地域の土砂なのかわかってしまう時代ですからな。」

 はじめ
 「あなたはこれをどう言い訳しますか?岡倉さん。」

 
 【明かされた三多村匠の正体!】

 はじめは更に話を続けた。

 「ただ、ここで一つ気になるのがこの舞台の脚本です。
 『箱館ウォーズ』の脚本家三多村匠は覆面作家で、銃の種類から舞台の立ち位置、音楽や効果音のタイミングまでこと細かに指示してる。

 海枝監督が
 「三田村氏は2年前突然現れた売れっ子作家なんだよ!
ただウワサにゃ聞いていたがほんと細かい人でね、劇場まで指定されたのは私も初めてで面食らったよ。」


 と付け加えるとこう言った。

 「あなたが敢行したトリックはすべてこの脚本の細かい設定なしには成立しないトリックなんです。

 ずばりお聞きします。
 この脚本家"三多村匠"という人物はあなたの"共犯者"なんですか?」

 岡倉は答えた。

 「共犯者?バカ言うなよ。
 "俺"だよ! 俺が新進気鋭の売れっ子脚本家・三多村匠さ!」


 驚く関係者達。
 特にまりんは学生の時三多村匠をちょっとかじっていて、

 「デビューして2年で7作品も発表した人ですよ?
 超多忙なアイドルと両立なんてできっこありませんよ!!」

と言っていた。

 だが岡倉

 「そりゃ凡人レベルの話だろ?
 トップアイドル10年張ってる俺とあんたらを一緒にすんなよ?
 もともと"格"が違うんだよ"格"が!」


と言っていた。


 【動機を明かした『碧血鬼』だったが…】

 岡倉が小野寺・赤座・綾野木・水島4人を殺した動機は以下の通り。

 <リュウ小野寺>
 『デスペラード』をやめた途端、売れなくてすぐに金欠になり、水島や赤座に金をせびっていたらしいが、
しまいには岡倉のところまでゆすりに来たから。

 <赤座光輝・水島颯太>
 岡倉の後釜を狙っていたから。
 岡倉の前ではヘコヘコとりつくろってたが影では岡倉を「中古品」「ジジイ」だのさんざん言ってやがったから
いつかシメてやろうと思っていた。

 <綾野木ルカ>
 昔、色目を使ってきたのでちょっと遊んでやったが、今頃になってその写真をちらつかせてしつこく付きまとっていたから。


 「クソうざったいクズ共に、自分がプロデュースする舞台の上でまとめて死んでもらおう」
  岡倉が言うにはこれが彼の動機。

 幸村警視はこれを聞き、「死刑は免れんぞ!」と言っていたが岡倉は
 「まっ!どうとでも。俺はもう逃げやしねーから手錠はいらねーよ?
なにしろトップアイドルなんでね!」

と言った。

 「そうはいかん」と幸村警視は岡倉に手錠をかけた。

 「あ~あ、ようやく終わったか…!」とこぼした岡倉ははじめに

 「よう、金田一サンだっけ?名探偵の孫なんだってなあ。
 チンケな会社なんてやめて探偵にでもなったら?そっちのほうがあってんじゃん?
 じゃあ、いきましょうか」


と言って、幸村警視と共に去っていった。

 まりん
 「天下のトップアイドルがあんな異常殺人鬼だなんて!
もーびっくりですよーー!」

と言っていたがはじめ

 「本当にそう思った?」

 と言っていた。

 はじめ
 「トップアイドル10年張ってる人だから演技力はあるよね…
 でも…俺にはやーっぱひっかかるわ…」

 いつき
 「同感…!
 記者としての俺のカンも
 奴が「何か隠してる」と言ってるぜ…!」

 佐木
 「誰か庇ってるんですかね?」

 はじめ
 「ベテラン記者のいつきなら警察以上に真相に迫れる気がするのでその辺を調べてほしい
と言っていた。

 いつき
「まかしとけ!色々さぐり入れてみるぜ!」
と答えていた。


 【あの時『箱館ウォーズ』を客席で観ていた(?)速水玲香!!】

 はじめはいつきに
 「実はもう一つここにいるうちに見つけてほしい人がいるんですよ!
もし見つけたらその人に"俺の携帯に連絡してほしい"って伝えてくれませんか
と頼んでいた。

 はじめは事件が起きた時に客席にその人の姿があったのを見つけていたらしかった

 そしてその人物は夜、はじめのもとに現れた。

 それは、人気アイドルの速水玲香
 20年ぶりの再会だった…!


 ――  (・8・)<レイカチャン!
 (・8・)<ヒサシブリ! ――


 でもまさか、
玲香が地獄の傀儡師・高遠遙一の意志を継ぐ者「ゼウスのしもべ」の手先なんてことは…

…まずないと信じたい。

 でも、今回の事件に関しては、玲香が観劇中にが見た「あるもの」から岡倉が庇っている人物がわかるかも…?
 ここからが本当の謎解きかも…。

 …次回の玲香の活躍が楽しみだなあ。


 …それにしても今回の事件は、岡倉が言っていたことは動機ではないように思えてならないなあ。
それに、「岡倉純イコール三多村匠」でもないと思うなあ。
 共犯者というか『本物の三多村匠』を庇っているように見えるなあ。
 
 岡倉は「自分が『三多村匠』」と言っていたが、
本当は『本物の三多村匠』を庇い、かつ今回の事件で『本物の三多村匠』に犯行を見逃されているように見えるなあ。
 特に、赤座を射殺したときは。

『本物の三多村匠』は、岡倉が赤座を撃つ一部始終を舞台本番中にの「ある場所」からばっちり目撃していたが、
幸村警視により岡倉が手錠をかけられ去った後もそれを伝えていないと思うなあ。

 もし『本物の三田村匠』ではない人が『本物の三多村匠』がいた「ある場所」からそれを見たら、岡倉に殺されぬように舞台終了後に頃合いを見計らって幸村警視など警察関係者にすぐ密告しに行くと思うなあ。
場合によっては、「岡倉の犯行を告発しようとした関係者が殺される」という予定外の展開があってもおかしくないのだが…。

 おそらく次回は、はじめが玲香との会話をきっかけに、岡倉が庇う(岡倉を影で操る)『本物の三多村匠』の存在に気づき、
『本物の三多村匠』が岡倉に何らかの形で手を下す前に幸村警視、そして明智警視長と協力して阻止する展開かもしれないなあ。

 例えば、
 「今回の舞台本番、事件当時に『本物の三多村匠』がいた場所から岡倉が赤座を射殺する姿がはっきり見える」
ということを、玲香から聞く、とか。

 (※自分が思うに例えば、玲香がはじめに話したことは

 「私函館の異人館ホテルで舞台女優としてこの舞台に立ったことがあったけど、
『例の場所』から下の様子が舞台裏までバッチリ見渡せたことを覚えているわ。」

 …という感じのものでは。)


 岡倉は明らかに銃の使い手の実行犯だが、
『本物の三多村匠』は今回の事件を計画した真の黒幕であり
彼こそ地獄の傀儡師・高遠遙一の仲間である「ゼウスのしもべ」の一人なのでは
…?
 今回の事件は、犯人『碧血鬼』よりはむしろそちらを読者に探してほしいのでは

 【ソース】

 イブニング 2020.02.25 NO.05
 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File50 覆面作家
 講談社 (P65~P84)