にぎる。

『にぎる。』にようこそ! このブログは私が見たアニメやマンガの感想を自由気ままに書いています。

『にぎる。』にようこそ!
このブログは私「群良源(むらいげん)」が観た(読んだ)
アニメやマンガの感想を自由気ままに書いています。
現在『金田一少年の事件簿R』シリーズが中心です。
また『けものフレンズ』(再放送)の感想も書いてます。

twitterもよろしく https://twitter.com/genmurai

 現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』『函館異人館ホテル新たなる殺人』の解決編が令和2年になってスタートした。

 そもそもこの事件は金田一一が20年前に『異人館ホテル殺人事件』を解決した函館の異人館ホテルが舞台で、はじめは20年ぶりに、仕事のために訪れることになった。
部下の葉山まりんと共に訪れた。
 そこでフリーライターのいつき陽介と再会し、映像の仕事で訪れた佐木竜二にも会った。
 
 …はじめは、異人館ホテル殺人事件から20年経った現在も、殺人事件に遭遇した。
 舞台『箱館ウォーズ』の出演者・赤座光輝綾野木ルカが舞台イベント本番中に水島颯太が撃ったモデルガン…ではなくすり替えられた拳銃で射殺され、さらにその水島がのちに自殺に見せかけられ手首を切られた状態で遺体が舞台に地上から4mはある高さにワイヤーで吊るされた状態で遺体発見となった…、というもの。
 なお、この事件の担当は、幸村真之助。警視庁捜査一課警視で明智警視長に金田一一のことを尋ねた…というよりは「金田一一が驚異的連続殺人犯である」という迷推理を披露した…

 ( ゚д゚)ポカーン

 だが幸村警視は、赤座・綾野木・水島とつながりがあると思われるミュージシャン・リュウ小野寺(小野寺隆司)の密室トリックを暴いていた。

 彼は小野寺が握っていた舞台『箱館ウォーズ』のチケットを見つけ、
舞台『箱館ウォーズ』が行われる異人館ホテルにたどり着き、
 赤座・綾野木・水島の殺人現場にはじめと共に遭遇した。

 ・・・だがはじめは舞台の奈落の底に血痕を見つけたことや、「幕の合わせ目が臭う」というまりんの指摘などから今回の事件の謎を解いた

 「謎がすべて… 解けちまった…」


 【はじめ、幸村警視を煽る】

  幸村警視赤座・綾野木・水島殺しについて解決したものと思っていた
 はじめはそんな幸村警視のもとを訪れ、
「真相を明らかにするために警察の方で関係者全員を集めていただけると助かる」
と言っていた。
 
 だが幸村警視

 「おことわりします!
 なぜ我々プロの捜査員が中小PR会社の社員の依頼をわざわざ受けて捜査方針を変更しなければならないんですか?」


と言っていた。


 はじめ
 「それはですね…
 このままだと真相は闇に葬られ、真犯人"碧血鬼"の思うツボになってしまうから…」

 幸村警視
 「"碧血鬼?" それが真犯人だというのですか?
 はっ!ずいぶん古臭い探偵小説みたいなネーミングですね。」

 はじめ
 「なぜあなたはそんなに事件を終わらせたがるのですか?」

 幸村警視
 「終わらせたいわけではなく終わっているのですよ。それを蒸し返したくないだけだ」

 はじめ
 「蒸し返すと困ることでもあるんですか?」


 はじめは更にこう言った。

 「たしか事件を担当していた"刑事"でしたよね!幸村警視ももちろんご存知かと思いますが?
 あの時の犯人の刑事も事件を終わらせようと必死でしたよ?」


 幸村警視はムッとなった。そしてはじめに言った。

 「わかりましたよ!そこまで言うならこちらで関係者を全員集めてさしあげましょう。
 ただし!"バカげた茶番"で終わってしまった場合!!
 警察業務に支障をきたす越権行為をしたとあなたの会社の上司に報告させていただきます!」


 はじめは
 「えっ…ええ~かまいませんとも!」
 と返した。

 ちなみに、そんなはじめの気持ちは
 「(もちつけ…もちつけオレ…)」((((;゚Д゚))))

 
 こうしてはじめ幸村警視を動かして関係者全員を劇場の舞台上に集めた


 …ちなみに幸村警視が関係者全員を集める前にはじめはいつきにこう言っていた。

 「俺みたいなただのPR会社の社員が言うより、警察が一声かけるほうがちゃんと集まってくれる。
 しかたないんです!」


 ちなみに『歌島リゾート殺人事件』で実証済み、とはじめは言っていた。

 また佐木は「あの刑事がみんな呼ばなかったらそれまでですね~」と言っていたが
はじめは「そんなエンギでもねーこと!」と言った。
 
 【 × 4m → 0m ◯ 0m → -4m 】

 幸村警視は関係者達を集めた
 関係者たちは皆「事件は終わったもの」と思っていたので集めるのに苦労したことを語っていた。

 関係者…この事件の容疑者は次の7人。

 ・『デスペラード』マネージャー・壇はるみ
 ・元『スカイウォーカー』・岡倉純
 ・元『スカイウォーカー』・中神聖也
 ・『デスペラード』メンバー・五代玄一郎
 ・俳優・刈谷ユダ
 ・俳優・最上翔太
 ・演出家、監督・海枝博貴


 ・・・はじめはまず、水島の自殺を否定した。

 "空中密室"のトリックの答えをくだんの7人と幸村警視の前で明かした。

 「(その"空中密室"の答えは)舞台の地下に広がる"奈落"にあったんですよ。
 逆転の発想です。
 上に上がって殺すことができないなら、下に下ろせばいい。
 この"セリ"を使って!」


 はじめはセリを操作し、下におろした。
 
 …はじめの推理によると水島殺しの手順は次の通り。

 
 1.何らかの理由をつけて水島と控室で合う約束を取り付ける。
 (※証拠は控室に水島が注文したポット入りの珈琲とカップが未使用のまま二人分残されていること)
 
 2.水島の控室のドアをそっと開けて侵入、水島にクスリを嗅がせるなどして不意打ち昏倒させる。
 (※争う形跡がなかったのが証拠)

 3.気を失った水島を白い死に装束のようなステージ衣装に着替えさせ、大道具を移動させる台車などを使って舞台上に連れてくる。
 (※犯人は万が一誰かに出くわすことを考えマスクや帽子などで従業員のような変装をしていたと考えられる)

 4.舞台のワイヤーアクションの仕掛けを体に固定し、奈落に下げたセリのギリギリ縁まで水島を連れて行く。

 5.奈落に向かって水島の腕を伸ばさせ、水島の手首の動脈を刃物で切る。

 6.あらかじめ打っておいた遺書メールを水島のスマホから一斉送信する。

 7.スマホと水島の指紋をつけたナイフを奈落の底に投げ落とす。

 8.水島の絶命と出血が収まったことを確認、ワイヤーで水島を舞台天井に向けて吊り上げる。
 それと同時に奈落から舞台上にセリを上げる。

 9.あとはセリの外にも少し血を飛ばしてやれば出来上がり。

 このトリックならば4mの高さから血がしたたったと鑑識は判断するだろう…。
だが最上はそれを実行した証拠があるのかをはじめに聞いた

 そこではじめは、関係者達とともにセリに乗り、"奈落の底"に向かった

 
 【オキシドールの霧吹きで浮かび上がる証拠!】

 まりんにセリを下げてもらったはじめは、医務室から借りたオキシドールが入った霧吹きを取り出した。
 オキシドールを血に振りかけるとシュワっと泡が出るという。

 岡倉は「ああ、そういう実験あったな子どもの頃」と言っていた。
 また幸村警視は
 「血液中のカタラーゼ酵素に過酸化水素水が反応して水と酸素に分解する時の酸素が泡になって見える」
と言っていたが、はじめは

 「あーそういう仕組みなんですね。さすが高学歴のエリート刑事さん!」
 と言っていた…

 幸村警視「(#^ω^)ムッ」

 …はじめ奈落の底でセリの下辺りに小さな点々を見つけていた
 
 そこにオキシドールをつけると、泡が出てきた
 それが、くだんの水島殺しにセリが使われた証拠だった…。

 「大きなセリだから出血の範囲がほとんど中に収まるだろうと犯人は読んでいたが
 ごく少量の小さな血しぶきは飛んでいた」

 
 はじめはそう言って、まりんにセリを上げるように言った。
 

 【犯人を特定するポイント】

 舞台上に戻る時はじめは言った。

 「水島さんは自殺ではなく誰かに殺されたんです。
 そしてそいつは赤座光輝も綾野木ルカも殺し、東京でリュウ小野寺も殺した人物…
 
 じつはその人物を特定するヒントは、水島さんが最後に送ったと思われたこの"遺書メール"にありました。
 20年ぶりにこの箱館異人館ホテルで起きた連続殺人の真犯人"碧血鬼"はこの舞台の上にいます!!」


 ―― セリは下げたのか…( ゚д゚) ――

 ただ自分が思うに『金田一少年の事件簿』の『異人館ホテル殺人事件』は、
はじめが言ったように「事件の犯人は刑事だった」は確かに見どころだけど、
それ以上に、関係者が双子という点は見逃してはならないポイントだと思うなあ。
 特に『函館異人館ホテル新たなる殺人』は前事件『京都美人華道家殺人事件』が解決してすぐ起きた事件だし、この事件と『異人館ホテル殺人事件』は最も重要な関係者が双子であるという共通点があるところはスルーしてはならないところのはずだが…。
 
 …特に自分は『函館異人館ホテル新たなる殺人』の双子要素はなさそうであるのではないかと睨んでいる。
 それは真犯人『碧血鬼』は拳銃を二丁使って今回の事件の犯行を行ったのではないか、ということだ。
 モデルガンと拳銃のすり替えは実は拳銃二丁、そこが双子要素ではと思っている。
 言い換えると、幸村警視がモデルガンと見ていた銃は実は拳銃だったのでは。

 具体的には碧血鬼は拳銃の一丁をモデルガンと偽って水島あるいは他の銃に関して全くシロウトと思われる出演者…特に水島に日常的に使わせ、赤座・綾野木が殺されたときも水島は使っていたのでは。

 綾野木と赤座を水島が撃つ演技では、
碧血鬼は舞台裏の幕の合わせ目辺りから本物の拳銃で綾野木と赤座を水島の演技に合わせてまんまと確実に狙撃し、かつ水島に罪を着せる事ができた
のでは。

 碧血鬼は、普段から拳銃を使い慣れている人物で誰かの復讐のためではなく実は単に人殺しがしたいだけなのかもしれないなあ。

 とにかく、『函館異人館ホテル新たなる殺人』は『京都美人華道家殺人事件』の双子(京極姉妹)とも合わせて『異人館ホテル殺人事件』の双子(北見姉妹)の話がはじめの口から出てくるのが、自分は待ち遠しいなあ。


 【ソース】

 『イブニング』 2020.01.28 NO.03

 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File48 「空中密室」の正体
 講談社 (P29~P50)

 現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』
『函館異人館ホテル新たなる殺人』が展開中。
 この事件では舞台上で舞台『箱館ウォーズ』の出演者・赤座光輝綾野木ルカが舞台イベント本番中に水島颯太が撃ったモデルガン…ではなくすり替えられた拳銃で射殺され、さらにその水島も後に自殺に見せかけられ手首を切られた状態で遺体が舞台に地上から4mはある高さにワイヤーで吊るされた状態で遺体発見となっていた。

そして直近の第8話では、金田一一が部下の葉山まりん、フリーライターのいつき陽介、そしてはじめの高校時代の後輩・佐木竜二の協力により、この事件の謎を解き新たな決め台詞
「謎がすべて…解けちまった…」
が登場した。

 ―― この事件の犯人「碧血鬼」については、自分のブログの記事に最近寄せられた多くのコメントが指摘する『ある人物』で間違いないと思うけれども、
私はそれ以上に、この事件の関係者の一人である刈谷ユダのことが引っかかっていた。 ――


 それは、刈谷は綾野木と赤座が撃たれた時は城壁セットの上の高所にいて、そこから真犯人「碧血鬼」の犯行を舞台の上で見つけて「碧血鬼」の殺意に勘付いたと思ったからだ。
 また、刈谷碧血鬼が水島のニセ遺書がメールで送られた時、警察(幸村真之助警視)が遺体発見現場にたどり着くまでの時間稼ぎを狙ったかのような発言をしていたと思ったから。

 刈谷は「碧血鬼」の殺意を理解していたから、彼をかばったのだろうか…?


 【自分が刈谷が『碧血鬼』をかばっていると考えた理由】
 「碧血鬼」が綾野木と赤座を確実に撃ち殺すことができると考えられる場所は、石のセットが置いてあるほうの城壁の上で幕の合わせ目近くの幕で隠れたところでは。
そこから綾野木を銃口を上に向けて、また赤座を銃口を下に向けて射殺したのでは。
(それは幕の合わせ目の火薬のにおいから明らか)

 ところが「碧血鬼」がいるほうと反対の高い城壁セットの上にいる刈谷は「碧血鬼」が綾野木と赤座を射殺するために舞台袖に隠れていたのを上から見、かつ犯行に及んだのを上から見てしまったのでは
だが「碧血鬼」が一連の犯行に及ぶ理由を親しいゆえによく知っているからか、同調しているからか、「碧血鬼」をかばったのでは。
それが如実に表れているのは、第6話の『碧血鬼』が残したニセ遺書のシーンだと思う。
 (※刈谷、綾野木がいた城壁は高く、犯人が綾野木、赤座を射殺するため隠れていたもう一つの城壁はそれより低かった
 この高低差が、「碧血鬼」の犯行に感づいた人物がいたことのヒントでは…?)

 「まてよ…?"衣装"を纏うって…
  刑事さん、各自の衣装は"控室"に置いてあるはずだから
 デスペラードの"控室"にいるんじゃ」

 当時刈谷幸村警視にこう言っていたが、
それは水島の遺体の状態がおそらくは「迫り」を利用した時限式でつくられたもので
「碧血鬼がつくった殺害現場はまだ完成していない、早くに遺体発見現場の舞台に来られたらまずい」
と考えたからなのでは。

 ―― それにしても「碧血鬼」が水島がやったと見せかけて赤座を射殺するのは
『金田一少年の事件簿・金田一少年の決死行』で明智健悟警視(ドラマでは剣持勇警部)を刺すトリックと何となく似てるなあ…。 ――



 【『函館異人館ホテル新たなる殺人』の双子要素は?】

 ところで『金田一37歳の事件簿・京都美人華道家殺人事件』と、『金田一少年の事件簿・異人館ホテル殺人事件』には共通するキーワードがある。
 それは「双子」であり、前者の京極姉妹・後者の北見姉妹は事件の重要人物として活躍した。

―― 第7話ではじめは『金田一少年の事件簿・異人館ホテル殺人事件』に登場するある刑事について語っていたが、京都のときの事件と絡めて双子のことはなぜか語っていなかったので自分はずっとそこが引っかかっている。 ――


 …さて、『異人館ホテル新たなる殺人』「双子要素」はどこにあるのかは、
自分が思うに二挺拳銃

 拳銃とモデルガンのすり替えではなく、どちらも拳銃ですり替える必要はなかったのでは。
「碧血鬼」は普段から(事前に)水島にモデルガンと偽って二挺拳銃の片方…本物の拳銃を渡してたのでは。

 水島が持っている銃はモデルガンの弾が入っており、
「碧血鬼」が使ったのは実弾が入っていたのでは。

 赤座が死んだ時に、「碧血鬼」が水島から銃を取り上げたのは、水島が持っていた拳銃から綾野木と赤座の命を奪った実弾が放たれたという印象付けで、
拳銃からモデルガンの弾さえ撃ってしまえば本物の拳銃にすり替えられたと印象付けられる…
…作中の言葉を借りれば「(心理的)ミスディレクション」だったのでは。

 一つは事件発生前事前に水島に渡したモデルガンの弾が入った拳銃。
 もう一つは、碧血鬼が使用した綾野木と赤座殺害用の実弾が入った拳銃。


 「碧血鬼」はこの『双子』を巧みに操ったのでは。


 ―― 特に刈谷ユダは
岡倉純の事件に関する事情をよく知っている(舞台の城壁上から知った?)。
だから水島のニセ遺書が見つかった時、幸村警視らを舞台ではなく
まず先にデスペラード控室に向かわせたのでは… ――


 少なくとも自分はそう考えている。

 ただ、迫りは第8話によると2箇所あり、それを水島殺しの時どう使ったのかも気になるところだなあ。

 …2019年も残りわずか、よいお年を。


 【ソース】
 『イブニング』 2020.01.14 NO.02

 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File47 ミスディレクション
 講談社 (P177~P198)

 現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』
『函館異人館ホテル新たなる殺人』が展開中。
 この事件は20年前に金田一一が解決した『異人館ホテル殺人事件』の舞台となった異人館ホテルで舞台『箱館ウォーズ』の出演者・赤座光輝綾野木ルカが舞台イベント本番中に水島颯太が撃ったモデルガン…ではなくすり替えられた拳銃で射殺され、さらにその水島も後に自殺に見せかけられ手首を切られた状態で舞台に地上から4mはある高さにワイヤーで吊るされていた。
ちなみに「4m」は東京のリュウ小野寺殺しの真相を追って異人館ホテルにやってきた幸村真之助警視が調べた高さ。
 ちなみに前回第7話で、彼ははじめにこう言っていた。

 「ワイヤーで吊り上げられてる状態の水島氏のもとに10メートルはあろうという天井から降りてきて殺害するような離れ業は困難だし、かといって4メートルの高さの脚立は舞台はもちろん楽屋のどこにもなかった。
つまりこの状況下ではどう考えても"他殺"はありえないんです!」

 【幕】
 前回第7話では、はじめはから火薬のにおいがすることが気になっていた。
はじめの助手(※自称)…部下の葉山まりんと、佐木竜二、そしていつき陽介も幕の合わせ目がにおっていることに気がついた。
 そして直近の第8話はじめは、幕の左側が強く火薬のにおいがするが、右側はあまりにおいがついていないことに気がついた。

 はじめは言った。

 「俺達は根本的な見落としをしていいたのかもしれない。
 真犯人・碧血鬼の巧みな心理的ミスディレクションにまんまと誘導されていたんだ!!」

 「心理的ミスディレクション」佐木が言うには
「最初の印象で真相とは違う方向に持っていかれちゃうこと」

 このことからはじめ
 「幸村刑事がやっていたアリバイ検証は何の意味もなくなり、根底からひっくり返る
と考えた。


 【城壁セットの滑り台】
 幕のにおいからはじめがふと思ったのは、綾野木の死について。
 佐木に、綾野木ルカが城壁の上で撃たれた映像を見せてもらっていた。
 佐木ははじめにタブレットに保存していたくだんの映像を見せてもらった。
 
 はじめは城壁の裏には滑り台があり、綾野木は撃たれた後に滑り台に倒れ込み、一気に舞台袖のマットに着地したことを知り、
 いつき「撃たれたときの血痕が残っているか」を聞き
 「22口径は弾が小さいらそう大した出血にならんだろうが、ちゃんと調べれば出てくるんじゃないか」
という答えを得、
 佐木「この城壁のセットはまだあるよな」と聞き、
「大道具置き場にあると思う」
というう答えを得た。
 

 【ついに登場!『箱館ウォーズ』の台本の中身!】
 はじめは水島の壇はるみマネージャーから『箱館ウォーズ』の台本を見せてもらった。
 それを見ると、

 「葵を演じる綾野木が伊庭を演じる水島に撃たれもがきながら倒れ舞台袖にはけ
同じ城壁の上にいたジュールを演じる刈谷ユダがはっと水島を見下ろす

という旨のト書きが書かれていた。

 涙を流しながら水島が
「この悲劇を終わらせるにはこれしかなかった…!」と銃を構える姿を唖然と見ている
榎本を演じる中神聖也、大鳥を演じる五代玄一郎。」
 「山田を演じる最上翔太の後ろから黒沢を演じる赤座が突進し、
水島に切りかかり剣闘が始まる。」
「水島、赤座を突き放し、赤座たおれかかる」

と続き…


 『伊庭、黒沢を撃つ』
(音楽・効果音)

とあった。

 その後は、

 『黒沢撃たれて昏倒』とあり、

 「最上が赤座に駆け寄る」と続いていた。


 …ちなみに壇マネージャーはこの時は、演出の海枝博貴とともに関係者席にいたと話していた。


 【謎の衣装変更】
  ところで壇マネージャーは衣装を整理中にちょっと変なことを感じていた。
 それは水島の"遺書"について。

 ゲネプロが終わった後水島
 「白い衣装は自分が主役でないのにイキった感じの死に装束みたいな衣装は違和感がある。
 主役の岡倉純が内心イラついてると思うから普通の衣装でよくないですか。」

と海枝に言って、水島自身が衣装変更をしたという、

 …要するに「水島は本番で問題の白い衣装を着る予定はなかった」

 壇マネージャーはそのことは公演直前に衣装さんを通して聞いたが、
 
 「なのにどうして遺書では"着るはずだった"と言ったのか」ということを疑問に想っていた。

 ・・・壇マネージャーから話を聞いたはじめは、佐木の言葉を借りれば
「なにか重要な発見をして頭の中がフル回転して周りが目に入らなくなった、
事件の核心に迫る大きな手がかりを見つけた」

そんな状態になっていた。


【城壁の下の方に…!】
 舞台に向かったはじめたち。
 警官は何人か残っていて、現場はだいぶ片付いていた。
 たくさんあった大道具はまりんが見回しても舞台袖にもなかった。

 佐木が言うには地下の"奈落"にしまっている、
 …ということで地下に向かった。

 ちなみに大通具は、佐木は「"せり"を使えば楽勝で運べる」ことをまりんに話していた。
 
 …「城壁の上に血痕があるかどうかを確かめに行こう」いつきは言っていたが、
はじめはいつきが言っていたこととは逆にしゃがみこんで問題の血痕を見つけたようだった。

  そしてはじめは言った。

 「犯人は水島颯太殺しにも思わぬミスディレクションを仕掛けてきたんだ。
 謎がすべて… 解けちまった…」

 

 ――幸村警視が言っていた『4mの高さの脚立』は
綾野木と刈谷が立っていた城壁セットなのでは。
 その城壁の上から下まで万遍なく使って綾野木殺しと水島殺しが行われたのでは。
 城壁セットは幕の近くにあり、その幕から火薬のにおいがするということは、
少なくともそのごく近く…例えば幕の合わせ目のあたりで実は発砲があったからなのでは。――

 今回の事件は、綾野木は水島に撃たれて死んだのではなく、
台本通り伊庭役の水島が黒沢役の赤座を撃つタイミング(※『伊庭、黒沢を撃つ』)で
舞台袖にいた犯人に上からの発砲で撃ち殺されたのでは。

 そういえば、第6話例の水島のメール(遺書?)が来た時幸村警視「舞台に行ってみよう」と言っていたけど、彼がそれを言う前に、刈谷は「衣装を纏う」という一節から
 「各自の衣装は控室においてあるはずだからデスペラードの控室にいるんじゃ」
 と言って幸村警視を誘導していたなあ。

 …これは水島の遺体発見状況を確実に完成させるためのいわゆる時間稼ぎ、かな?

 それが第8話の終わりのほうではじめが言っていた
 「思わぬミスディレクション」とやらなのでは…?

  水島が残した(?)遺書とやらは、客観的に舞台に水島がいることを示すと自分は思うのだが…。

 
 …もし今回の事件の犯人「碧血鬼」が自分が考えている人だとしたら、年の離れた親しい家族や親戚のような気がするなあ。

 そして今回の事件では、『金田一少年の事件簿』の『異人館ホテル殺人事件』にあった「双子」要素が出てくるか、気になるなあ。
 前の事件の『京都美人華道家殺人事件』みたいに…

 【ソース】
 『イブニング』 2020.01.14 NO.02

 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File47 ミスディレクション
 講談社 (P177~P198)

 現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』
『函館異人館ホテル新たなる殺人』が展開中。
 この事件は20年前に金田一一が解決した『異人館ホテル殺人事件』の舞台となった異人館ホテルで舞台『箱館ウォーズ』の出演者・赤座光輝綾野木ルカが舞台イベント本番中に水島颯太が撃ったモデルガン…ではなくすり替えられた拳銃で射殺され、さらにその水島も自殺に見せかけられ舞台の高所に手首を切られた状態で殺されていた…、というもの。
 ちなみにこの事件ではリュウ小野寺という元アイドルグループ「デスペラード」のメンバーのミュージシャンが東京で殺されており、それを密室殺人と推理した幸村真之助警視も異人館ホテルに捜査にやって来た。
 小野寺の遺体が握っていた『箱館ウォーズ』のチケットを見つけたので。

 またはじめは、幸村警視にこの事件の犯人ではないかと疑われてしまった
 はじめはもう謎は解きたくないけれども、幸村警視の捜査を手伝うことにしたのだ…。


 【幸村警視の推理】

 五代玄一郎
 「ウ…ウソだろ?
 じゃ…さっきソータから届いたこのメールは遺書…!?」
 刈谷ユダ
 「で…でもまてよ?このメール…
 この『惨劇の幕を自ら下ろすことにしました』って文面…
 "自ら"って言葉が"惨劇"にかかってるとしたら、
  その"惨劇"を起こしたのは"自分"だって意味なんじゃ…」
 壇はるみ
 「それじゃあ…」
 海枝博貴
 「水島くんが自分で二人を殺したと言ってるみたいじゃないか!」


 舞台で水島の遺体を発見した関係者達に対して幸村警視
 
 「誰かが銃をすり替えたにせよ自分がやったことだったにせよ、
赤座さんと綾野木さんの命を奪った銃弾は彼の手によって発射されたものだ。
その責任を取るという意味なのかもしれませんね!」


 と言った。

 そしてワイヤーを上下させる仕掛けの場所を海枝監督に聞いた。

 その仕掛けは舞台袖にあり、自分で操作することもできそうでワイヤーには長さがあり上がる時はゆっくりなので、自分でボタンを押しに行ってから上がることもできるという。

 幸村警視遺体の血の飛び散り方について、
 「吊り上げられた状態で手首を切った」
 「そうなると自殺以外の選択肢はなさそうだ」
 「二人を殺した真犯人が自ら命を絶つことで事件の幕を下ろしたということですか…」

 と推理した。
 
 だがはじめ

 「(絶対違う…!!
 これは殺人だ…!!
自殺に見せかけた不可能犯罪だ!
 でもあのネジの足りんエリート刑事はガチで"自殺"って思ってんぞ?
 くっそ~!ここは俺がやるしかないのか!?
 もう謎は解きたくないのに~!!)」


 と思っていた…。

 【はじめ、『異人館ホテル殺人事件』について言及!】

 幸村警視の推理を聞いたはじめ水島の控室(デスペラード控室)に向かった。
 葉山まりんいつき陽介、そして佐木竜二もはじめについていった。

 はじめしっかりと確認しておきたかったことがあった。
 はじめは水島が自殺したとはこれっぽっちも思っていなかった。
 佐木には証拠の映像をちゃんと押さえてほしかったのだ。

 そんなはじめは、20年前の事件『金田一少年の事件簿』の事件『異人館ホテル殺人事件』について言及した。

 「この事件では遺書を残して密室で遺体になって見つかった人がいて、それを担当刑事が自殺と決めつけたけど、実際はその刑事が犯人だった」
と、まりんに行ったのだ。

 ちなみに遺体で見つかったのは文月花蓮で、本名は北見花江
 また犯人の刑事は花蓮の双子の姉だった…。

 ―― 双子という意味では『京都美人華道家殺人事件』の京極桜子・京極薫子姉妹と似てるなあ…。 ――

 それはさておき、水島の控室にはまだ湯気がある温かい珈琲がポットの上までパンパンに入っていてどう見ても一人で飲む量ではなく、使っていないカップとソーサーが二組あった。
 このことからはじめは

 「珈琲ポットはホテルのルームサービスで持ってきてもらったもので、水島は"誰か"と落ち合うつもりだった。

 その"誰か"こそ、この事件の真犯人"碧血鬼"
 すり替えた本物の銃で水島に赤座光輝と綾野木ルカを射殺させ、その水島も自殺に見せかけて殺し、そして多分リュウ小野寺を東京で殺した」

と推理した。


 【空中密室と大きな"見落とし"】

 はじめが推理を展開している時に、幸村警視が現れた。
 はじめが推理を話す前に幸村警視は言った。

 「今、鑑識を呼び戻して現場を急ぎで調べた所、舞台の床に飛び散っていた血は明らかに4m以上の高さから滴り落ちたものだとわかった。
 水島はステージ衣装に着替えたあと自分の体にワイヤーアクションの装置を装着してから遺書のメールを身近な人々に送り自動で吊り上がるウインチのボタンを押しに行き、自動的に設定した高さまで吊り上がって止まると覚悟を決めた後手首を掻き切って自殺した…
それ以外に考えにくい。
 ワイヤーで吊り上げられている状態の水島のもとに10mはあろうかという天井から降りてきて殺害するような離れ業は困難。
 かといって4mもの高さの脚立は舞台はもちろん楽屋のどこにもなかった。
 つまりこの状況下ではどう考えても"他殺"はありえない!」

 でもはじめ
 
 「なるほどですねえ~」と、
ふんふんと頷きながらあっさり流していた。


 さらに幸村警視は話を続けた。
 
 「動機解明はこれからだが、水島は何らかの理由で小野寺を殺し、赤座、綾野木まで手にかけた。
 つまり拳銃をすり替えたのはほかでもない水島本人。
 トップランクのスターの彼がそんなことをするはずがないという"思い込み"はこの自殺によって覆された。
 なぜなら彼は最初から自殺する前提でこの計画殺人を実行したのだから」

 「どうです?金田一さん。
私の推理したこのストーリーは矛盾もなく実に整っているとは思いませんか?
これ以外の答えを導き出すにはいくつもの不可能なハードルを超えなくてはなりませんよ?」


 ・・・幸村の発言を受けてはじめは言った。

 「整いすぎてる…そうは思いませんか?」

 「私にはそのお芝居めいたストーリーが犯人が緻密な計画のもとに用意した台本のように見えてしまうんです。」

 そして、水島の死については、

 「"空中密室"
 …といったところでしょうか?」

 と言った。

 …幸村警視が言うように水島の遺体発見現場は、
まさに空中の密室で密閉された部屋以上に接近が難しいゆえ、まさに不可能犯罪ということになる。
 あくまで自殺でないと言い張るのなら…。

 だがはじめは

 「この事件には大きな"見落とし"がある気がする。
 私はそれを突き止めたいと思っているだけ。


 幸村警視にとっては自分は"過去の人"かもしれないけれども、
"金田一耕助"…
かつて名探偵といわれたジッチャンの名にかけて…ね!」

と、幸村警視に言った。


 【幕の合わせ目は火薬のにおい】

 「面白い。
 我々は今夜中に現場検証を終えて残ってた関係者は明朝お帰りいただくつもりだ。
 現場を調べたいなら警察のじゃまにならない程度に調べるがいい。
 あなたの気が済むまでね。
 せいぜい頑張ってください、名探偵のお孫さん。」


 幸村警視はこう言って控室を去った。

 いつき佐木は、
はじめ「ジッチャンの名にかけて」発言が飛び出したことを喜んでいたが
はじめには幸村警視が言ったように残された時間はそれほどなく、真犯人に逃げられる前になんとしても犯人のトリックを突き止めなければならなかった。

 ちなみにそのときこんなやり取りが…

 いつき
 「アナログだが推理メモはバッチリ取ってやるぜ!」
 佐木
 「映像記録ならおまかせください!」
 まりん
 「あたしも!名探偵の助手として!!」
 はじめ
 「…君は部下でしょ?」

 ( ゚д゚)ポカーン

 
 ・・・それはさておきはじめたちは水島の遺体が発見された舞台に向かった。
 
 こっそり舞台袖を通っていたはじめは火薬の匂いに気がついて立ち止まった。
 モデルガンの匂いでは、と佐木は言った。

 まりんは、くんくんとにおいを嗅ぎ、幕の合わせ目が非常に匂っていることをはじめに言った

 しばらく考えたはじめは、

 「そうか…
 考えもしなかった…
 俺たちは根本的な"見落とし"をしていたのかもしれない。
 真犯人…『碧血鬼』の巧みな"心理的ミスディレクション"にまんまと誘導されていたんだ!!


と言った…。


 ―― 綾野木は舞台上で水島に撃ち殺されたのではなく、
水島が赤座を撃った拳銃と同型の拳銃で綾野木の遺体発見現場で『碧血鬼』に撃ち殺されたのでは。 ――

 そういえば20年前の『異人館ホテル殺人事件』では「双子」が鍵になっていたが、
 今回の『函館異人館ホテル新たなる殺人』の「双子」は拳銃なのでは。

 舞台の異様な火薬の匂いは、「綾野木の殺害現場が舞台の上」という印象づけ、かな。

 それにしてもデスペラードの小野寺・赤座・水島は、綾野木と合わせて何をしでかしたのだろうか…。
 次回でそれが明らかになる…かな?

 そして水島の手首を切った控室にあったとみられる刃物についても、
今後のストーリーで例えば果物を食べるシーンがあると信じたい。
 刃物が水島の控室にないことを知っている犯人が刃物を取りに行く時に他の部屋に刃物を取りに行ったなら、確定かな。

 【ソース】

 『イブニング』 2020.01.01 NO.01

 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File46 空中密室
 講談社 (P89~P111)

 現在『イブニング』で連載中の『金田一37歳の事件簿』『函館異人館ホテル新たなる殺人』が展開中。
 この事件は20年前に金田一一が解決した『異人館ホテル殺人事件』の舞台となった異人館ホテルで
 舞台『箱館ウォーズ』の出演者・赤座光輝綾野木ルカが舞台イベント本番中に水島颯太が撃ったモデルガン……ではなく、すり替えられた拳銃で射殺された事件。

 この事件では当の水島颯太第5話ラストで後ろから今回の事件の犯人「碧血鬼」に気絶させられ、
直近の第6話で自殺に見せかけて殺された
のだった…。


 【アリバイ表を作ってみた!】
 
 「参ったな~
会社は後始末してから帰って来いって言ってるし、あの幸村って刑事には勢いでタンカ切っちゃったし、
どうすりゃいいんだ?金田一はじめ37歳…!」

 夜遅くにはじめがホテルのベットに寝転んでいると、部下の葉山まりんが部屋にやって来た。
はじめはまりんが寝ようとしている格好でしかも上司である自分のところに訪ねてきたので
「常識ってものがないの?君!」と慌てていた。
 けれどもまりんは
 「そんなことより事件のことですよ!事件!!」
 はじめは、
 「(ゴカイを呼びそうなマネばかりしてこの子は~!!)」
と思っていた。

 まりんは自慢げに「実はあたし"アリバイ表"を作ってみたんですよ!!」と言っていた。

 まりんは被害者の赤座光輝と綾野木ルカの二人を除いた関係者8名のアリバイ表を作っていたのだ。

 アリバイ表によると8名のアリバイは次の通り。

 
 <五代玄一郎(ゲンちゃん)>(デスペラードメンバー)
 ゲネプロの後、すぐイベント前半に参加。
 その後の行動ははっきりしないのでアリバイなし。

 <中神聖也>(元スカイウォーカーメンバー)
 ゲネプロ後、いつき陽介のインタビューを受け、衣装をつけたままイベント後半に参加。
 その後すぐ控室でメイクし直しスタンバイ。
 このことからまりんは「道具置き場に行って銃をすり替えるチャンスはなかった」と考えていた。

 <岡倉純(オカジュン)>(元スカイウォーカーメンバー)
 ゲネプロの後すぐ打ち合わせのため外出していたのでアリバイあり。 

 <壇はるみ>(岡倉純のマネージャー)
 岡倉純と一緒に行動していたのでアリバイあり。

 <刈谷ユダ>
 イベント前半に出てその後アリバイなし。

 <海枝博貴>(演出兼監督)
 イベントに出てなかったので全くアリバイなし。

 <最上翔太>
 イベント前半のちょっとしか出てなくてアリバイなし。

 <水島颯太>
 自分で銃をすり替えることができるのでアリバイなし。

 このことからまりん

 「アリバイが完全なのは中神さん・オカジュンさん・壇さんの3人だけ
 他の5人はみんな銃をすり替えることが可能なんですよ!!」
 
 と考えた。

 そして
 「主任!この段階だと容疑者はこの5人でキマリなんですか?」と言った。

 これに対してはじめは

 「まぁそういうことになるかなぁ…
 なんのトリックもないとしたらね

 と言っていた。

 ちなみに
 「トリックってやっぱりそうなんですか!?やっぱり!?」と興奮したまりんを落ち着かせようとした時、
まりんの谷間がはじめの目に入ってしまった…( ゚д゚)


 ―― 中神・岡倉・壇のうちの誰かが犯人だな(※確信)
アリバイトリックのカギは、綾野木が本当に水島が撃った銃で殺されたのかどうか、かな。 ――



 【いつきの調査】
 
 いつき陽介が、はじめとまりんがいる部屋に入ってきた。
 はじめは、いつきに元デスペラードメンバーのリュウ・小野寺について調べてもらっていたのだ。
 いつきは、サツ回りの社会部の記者に無理を言って聞き出していた。

 いつきが言うには、

 「小野寺アイドルというより音楽家になりたいとか言って1年前人気のデスペラードを辞めた。
 だが、音楽家の仕事がまるでだめで一時は相当食い詰めていた
 ここのところ、「ちょっと羽振りがよくなってきた」という話があり、
 何か"収入源"を手に入れたんじゃないか、と言われていた」
(※仕事以外で収入があった可能性が高い)

 このことからまりん
 「それ、動機になにか関係ありますね!きっと!」と言った。
 「カネの動くところに犯罪あり」だから。

 それを受けていつき

 「誰かを脅迫してカネをせびってた可能性だってある。
 もしそうなら犯人はその脅迫されてた人物かもしれん!」


と言っていた。

 はじめ
 「その小野寺殺しの犯人は拳銃をすり替えて
 赤座や綾野木を殺した犯人と同一人物なんですかね
…」

 いつき
 「ま、幸村はきっとそう思ってるだろうな。
 なにせ小野寺殺しを追ってここに来たらまた二つも死体が転がり出たんだ。」

 まりん
 「そうなるとがぜん怪しくなるのが水島颯太ですね!
 だって殺された二人はずっと同じグループだったんでしょ?
 残る一人綾野木ルカ水島颯太の元カノだし!」

 はじめは、まりんが言うまでその有名な芸能ゴシップを知らなかった。

 いつきは
 「そう言われてるけど、本当に彼女だったのかはわからんよ
 ただ何らかの関係があったのは確かだろう。火のないところに煙は立たんからね。」
と言ったが、はじめは
 「でもピストルをすり替えて舞台の上でド派手に撃ち殺したりするかなぁ。
トップクラスのアイドル俳優なのにたとえ事故だとしてもそんなことしたらイメージダウンは免れないよ。

と言った。

 「だよな…!
 まして彼は岡倉の次世代のスターって言われてるからね!」

 いつきがこう返した時、はじめは思った。

 「まだなんかある気がする…
 俺たちの知らない"何か"が…!」


 【はじめが控室で見たもの】
 
 突然、佐木竜二が「先輩いますか!?」と何度もドアをノックしていた。
 開けると、「大変なんです!すぐ来て下さい!」と慌てた様子
壇マネージャーが言うには

 「そちらの帝国映像の佐木さんから水島と五代のインタビューを申し込まれたのですが水島が捕まらなくて…

 五代が言うには

 「俺からも電話とか駆けたんだけど全然出ないし、部屋のベル鳴らしても出てこないんです。」

さらに壇マネージャーは自分のスマホに水島からのメールが来たことをはじめに伝えた。

 そのメールには…

 「あのまま舞台が続けば着るはずだった最後の衣装を纏いこの惨劇の幕を自ら下ろすことにしました」

とあった。
 壇マネージャーの発言を受けて、
五代は「俺達のところにもだ!」、
中神は「これ見て慌てて来たんだよ」と言っていた。

 …幸村真之助警視がマスターキーを借りてやって来た。
これで水島の部屋の鍵を開けたが誰もいなかった。

 刈谷
 「まてよ…?"衣装"を纏うって…
 刑事さん、各自の衣装は"控室"に置いてあるはずだからデスペラードの"控室"にいるんじゃ

と言ったので、幸村警視らは控室に向かった。
 
 …控室にも水島の姿はなかった

 幸村警視は水島が着替えた跡を見つけた。
そして壇マネージャーなくなっている衣装について尋ねた。

 「そういえばあの服が…」と壇マネージャーは返した。

  一方はじめは、
 使ってないカップとコーヒーポットを見つけ、ポットの中のコーヒーもそのままになっているのを見つけた


 …「役者が衣装をつけたら立つ場所は一つだ!」

 という幸村警視の一声で、舞台に向かったはじめたちだった…。


 【遺体発見】

 舞台は真っ暗で何も見えなかったが、海枝監督に照明をつけてもらった。

 そして浮かび上がった光景は、
 左手首を刃物で切られた状態でワイヤーで天井に吊るされた水島の遺体だった…。
 幸村警視は手首からの大量出血を見つけた。

 はじめ水島の遺体を見て、
 
 「(自殺…?
 いや…違う!
 これは…殺人だ!)」


と思った…。


 ――岡倉と壇マネージャーが偽のアポイントに巻き込まれたとき壇マネージャーがテレビ局に電話をし、 水島の偽の遺書のときも壇マネージャーがそれを伝えていたなあ。 ――

 今回の事件は幸村警視と壇マネージャーの、なくなった衣装についての何気ない会話のやり取りのシーンがカギになるかな。
 特に水島は、控室にあったと思われる果物ナイフで手首をザックリやられたように見えるなあ。

 今後のストーリーで、例えば控室近くの部屋でどうしても果物ナイフを使わなければならなくなるシーンが出てきて、誰かが果物ナイフを取りに行くがそこでもし控室とは別の部屋に取りに行ったならばその人が真犯人『碧血鬼』の可能性が一気に高くなるかな。

 …その人こそ「水島の手首を切る凶器として控室の果物ナイフを使い、それは警察に回収されたのでそこにはないことを知っている人物」といえるだろうし…。

 それにしてもはじめ達の知らない"何か"とは何だろうか…?


 【ソース】
 イブニング 2019.12.10 NO.24
 『金田一37歳の事件簿』
 『函館異人館ホテル新たなる殺人』

 File45 碧血鬼、みたび
 講談社 (P179~P200))

↑このページのトップヘ